WiMAX選びのポイントは端末とプロバイダ選び!

office-620822_640

WiMAXの「ギガ放題」は、データ通信量が3日で3GBを超過しますと速度制限が為されることになりますが、その制限を受けても相当速いので、速度制限を気にし過ぎる必要なないと言えます。

WiMAX2+は、平成25年より市場に提供され始めたWiFiサービスなのです。それまでのWiMAXと比較しましても、通信速度などが向上し、色んなプロバイダーが最新式のWiMAXとして、キャンペーンを打ちながら販売しているという状況なのです。

はっきり言って、LTEが使用可能なエリアは限定的だというしかありませんが、エリア外で通信するときは自然に3G通信に切り替わってしまいますから、「繋ぐことができない」みたいなことはないと思ってもらって構いません。

WiMAXが使えるかどうかは、UQコミュニケーションズが一般に提供している「サービスエリアマップ」をチェックすれば判断可能です。怪しい時に関しては、「ピンポイントエリア判定」を行なってみれば判定できると思われます。

WiMAX2+のギガ放題プランの場合、月間7GBというデータ使用量の上限はありませんが、3日間で3GBを越えますと、速度制限を受けることがあるのでご注意ください。

office-336368_640

ワイモバイルのポケットWiFiが良いという噂を信じて、初めて使用してみたけれど、今まで所有していたほとんど変わることのないサービスを提供している同業他社のものと比べましても、通信品質などの面は負けず劣らずだと強く思いました。

WiMAXモバイルルーターについては、種類がいくつかあるわけですが、その種類により組み入れられている機能に差があります。このページでは、ルーター個々の機能とか仕様を比較一覧にしています。

1〜2カ月以内にWiMAXを購入するというときは、何と言ってもWiMAX2+のギガ放題を選んでください。通信速度が速いのは当然の事、WiMAXのサービス提供エリア内でも利用できることになっているので、他の端末よりも優秀ではないでしょうか?

「モバイルWiFiを購入しようと考えているけど、無制限・高速モバイル通信ということで大人気のWiMAX2+(ギガ放題)とワイモバイルのポケットWiFiのいずれを選ぶべきか迷ってしまっている。」という人の役に立つように、両者を比較していますので是非ご覧ください。

WiMAXモバイルルーターと称されるものは、WiMAXのモバイル通信網を利用することによって、パソコンやタブレットなどのWiFiに対応している端末と通信回線を繋げる為の小型の通信機器です。

モバイルWiFiを所有するなら、可能な範囲で出費を少なくしたいと思うのではないでしょうか?料金につきましては1カ月毎に支払うことが必要ですから、たとえ数百円程度の違いであっても、年間にしますとかなり違うことになります。

web-agency-1738168_640

速度制限の規定を設けていないのはWiMAXだけというイメージかもしれませんが、ワイモバイルにも通信方式を選ぶことで、速度制限を受けることなく使い続けられる「アドバンスモード」というワンランク上のプランがあるのです。

私が推奨しているプロバイダーは、キャッシュバックを40000円に迫る金額にしているので、モバイルWiFi自体の月額料金が割と高くなっていても、「計算してみると安くなっている」ということが考えられるのです。

現在使われているとされる4Gというのは正当な4Gの規格とは別なものであり、私たちの国日本においてはまだ提供されていないモバイル通信サービスだというわけです。その4Gの正式な販売開始までの臨時的な手段としての役割を果たすのがLTEになるのです。

WiMAXは現実に料金がリーズナブルだと言えるのか?導入メリットや留意点を認識し、徐々に流行りつつある格安SIM等とも比較した上で、「実際的に買った方が良いのか?」についてレクチャーしたいと思います。